板橋で絶対失敗しないリフォーム業者ガイド » 板橋区では大体いくら?リフォームの費用について知ろう! » 板橋区でリフォームすると 助成金・補助金はいくら受けられる?

板橋区でリフォームすると 助成金・補助金はいくら受けられる?

板橋区住宅リフォーム支援事業について紹介しています。リフォームに関する補助金・助成金の内容を解説しているので、板橋区でリフォームを検討している方はぜひ利用してください。

板橋区のリフォームに関する
補助金について知ろう!

リフォームローンの金利優遇

板橋区では、住宅のバリアフリー化やアスベスト除去、木造住宅の耐震化を推進するため、リフォームローンの金利優遇(金利引き下げ)制度を導入しています。

金融機関と提携・協力して行なわれている「板橋区リフォーム融資紹介事業」の一環で、区民がリフォーム資金を協定金融機関から融資してもらう際に金利の引き下げや融資限度額の引き上げなどの優遇措置が受けられる制度です。

協定金融機関を利用するだけではなく、リフォーム自体も板橋区にリフォーム事業者として登録されている業者に依頼する必要があるので、対応可能な業者は前もって確認しておきましょう。

板橋区のリフォームに関する補助金・助成金一覧

掲載している情報は、板橋区公式ホームページと板橋区にあるリフォーム会社から引用させてもらいました。

木造住宅の耐震化推進事業

助成内容 区内全域の耐震診断、耐震計画等、耐震補強工事及び耐震シェルター等の設置工事、特定地域内の除却工事及び建替え工事にかかる費用の一部を助成。
対象工事 昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅。

耐震診断経費の助成

助成内容 建築物の耐震診断に要する費用の2/3以内(上限200万円)
対象工事 昭和56年5月31日以前に建築基準法第6条の規定による建築確認を受けた鉄骨造、 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物。

耐震補強設計助成

助成内容 建築物の耐震補強設計に直接要する費用の1/3以内(上限100万円)
対象工事 昭和56年5月31日以前に建築基準法第6条の規定による建築確認を受けた鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火建築物又は準耐火建築物。 特定既存耐震不適格建築物等、緊急輸送道路等沿道建築物に該当するもの。

耐震改修工事助成

助成内容 上限額50万円
対象工事 ●耐震改修工事
●建替え工事又は除却工事(緊急輸送道路等沿道建築物)

耐震化アドバイザー派遣制度

助成内容 建築物の耐震化をお考えの方に、建築士等のアドバイザーを派遣して、耐震化に関する相談や情報提供などを無料で行っています。
対象工事 昭和56年5月31日以前に建築基準法第6条の規定による建築確認を受けた鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの非木造建築物の所有者。

耐震診断経費の助成

助成内容 限度額200万円
対象工事 昭和56年5月31日以前に建築確認を受けた建築物について建築物の所有者、又は所有する法人等の代表者、建築物の管理者(区分所有の場合)が行う耐震診断に係る費用の2/3以内を助成する制度。

耐震補強設計助成

助成内容 限度額100万円
対象工事 耐震診断の結果、Is(構造耐震指標)の値が0.6相当未満であった建築物の耐震補強設計に直接要する費用の1/3以内(上限100万円)を助成する。

耐震改修等工事助成

助成内容 限度額2000万円
対象工事 耐震診断を実施し、耐震診断の結果、耐震補強が必要とされた建築物の耐震改修工事に直接要する費用の約15%以内(上限2,000万円)を助成する。

屋上緑化助成

助成内容 限度額40万円
対象工事 緑化面積に区の施工単価(20,000/㎡)を乗じた額と実際の工事費の少ない方の額の1/2を(上限40万円)として助成する

壁面緑化助成

助成内容 限度額40万円
対象工事 緑化面積に区の施工単価(10,000/㎡)を乗じた額と実際の工事費の少ない方の額の1/2を(上限40万円)助成する

住宅用新エネルギー及び省エネルギー機器導入補助金制度

助成内容 太陽光発電システム 上限10万円
太陽熱温水器 上限4万5千円
エネファーム 上限5万円
対象工事 自身が居住するための住宅に新しく補助対象機器を設置する場合に費用の一部を助成する制度。太陽光発電システムは最大出力合計が10kW未満のものが対象で、出力1kWあたり25,000円(上限10万円)、太陽温水器は設置に要する費用の5%(上限45,000円)、住宅用燃料電池システム(エネファーム)は設置に要する費用の5%(上限50,000円)を助成する

住宅リフォーム支援事業

助成内容 金利優遇融資のあっせん
対象工事 耐震化またはバリアフリー化を含むリフォームを行う場合協定で定めた優遇金利が適用

板橋区高齢者住宅改修費助成事業

助成内容 限度額10万円
対象工事 介護予防住宅改修(手すりの取付、段差の解消、床材の取替え、扉の取替え、洋式便器の取替えは10万円まで)、住宅設備改修(浴槽の取替えは20万円まで、流し・洗面台の取替えは15万円まで)を助成する。所得に応じて自己負担がある。

補助金・助成金の詳細

バリアフリーの助成金

板橋区では、木造住宅の耐震化および住宅のバリアフリー化などを推進しています。「板橋区高齢者住宅設備改修費助成事業」というものがあり、介護負担の軽減や介護の予防を目的として、住宅設備の修理費を援助。対象は下記の項目すべてに該当する方になります。

新エネ・省エネ機器等の補助金

板橋区は地球温暖化対策の一環で、住宅用新エネ・省エネ機器などの普及を推奨しています。

二酸化炭素やメタンなど、地球温暖化の原因となる「温室効果ガス」の排出を抑える新エネや省エネ機器などを設置している家庭を対象に補助金を給付。対象となる機器は住宅用太陽光発電システムをはじめ、住宅用燃料電池システムや住宅用蓄電池システムなどです。そのほかにも、厚さ3mm以上のガラスの内窓の設置や、窓あるいはガラスの交換(ガラス中央部の熱貫流率が4.00以下となるもの)といった窓の断熱化も対象となります。

アフターフォロー充実!
”安心力”を求めるなら
あなたの理想以上を実現!
”提案力”を求めるなら
暮らしの「困った」を解決!
”便利力”を求めるなら
まるとくリフォーム
まるとくリフォーム
住まいリフォーム
住まいリフォーム
クラフトホーム
クラフトホーム
年間実績:100件以上 年間実績:200件以上 年間実績:150件以上
フルリフォームの参考価格
和室→洋室
40~90万円
スケルトン(骨組のみ)
600~700万円
フルリフォームの参考価格
和室→洋室
25万円
スケルトン(骨組のみ)
550万円~
フルリフォームの参考価格
和室→洋室
30万円~
スケルトン(骨組のみ)
600~700万円
アフターフォロー充実!
”安心力”を求めるなら
まるとくリフォーム
まるとくリフォーム
年間実績:100件以上
フルリフォームの参考価格
和室→洋室
40~90万円
スケルトン(骨組のみ)
600~700万円
公式サイトから
見積もりを依頼する
あなたの理想以上を実現!
”提案力”を求めるなら
住まいリフォーム
住まいリフォーム
フルリフォームの参考価格
和室→洋室
25万円
スケルトン(骨組のみ)
550万円~
公式サイトから
見積もりを依頼する
暮らしの「困った」を解決!
”便利力”を求めるなら
クラフトホーム
クラフトホーム
年間実績:150件以上
フルリフォームの参考価格
和室→洋室
30万円~
スケルトン(骨組のみ)
600~700万円
公式サイトから
見積もりを依頼する
イメージ イメージ
           

板橋区でリフォームを検討中の方に向けて、おすすめの業者を紹介しています。あなたが求めるのは提案力?安心力?便利力?目的別に理想の業者を探してみてください。

           

おすすめの
3選はコチラ